腰痛

自宅での安静法

ギックリ腰で病院に行くと、ひととおりの検査と診察が行われます。特別な問題がなければ、痛み止めの内服薬か坐薬を渡され、自宅での安静を指示されます。 

しかし、より早く通常の日常生活を行うため、あるいは仕事に復帰するためにはさまざまな工夫と配慮が必要になります。 

急性期の腰痛・ギックリ腰は、できるだけ痛みの少ない姿勢を保ちながら、患部のアイシングを行うことで対処します。 

アイシングは、炎症の抑制と疼痛軽減の効果がありますから、すぐに痛み止めを飲もうとせずに、まずは安静とアイシングでどの程度痛みが軽くなるのかを確認しましょう。それで熟睡できるようなら、痛み止めは必要ありません。 

逆に、安静にしても苦痛が続くようなら、早めに痛み止めを飲むべきです。ともかく、発症から最初の2日間は、痛みが少しでも軽い状態を保つようにしましょう。

腰痛豆知識 > ぎっくり腰の対策 > 自宅での安静法

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved