腰痛

急性期のストレッチ

炎症症状がある期間は、基本的には運動療法は行いませんが、唯一試す価値のある運動があります。

まず、仰向けになり、両膝を立てた状態から片足を開脚していきます。同時にその股関節の前面にある筋を圧迫して、股関節前面で緊張を強めている筋をほぐしていきます。 

これは伸展型腰痛で腸腰筋のスパズムをともなっている場合に有効で、腸腰筋を緩めることで痛みがかなり軽くなる場合があります。 

圧迫している筋が多少痛くても、強く圧迫しながら徐々に動かすのがポイントです。 最初は動かすのが怖いかもしれませんが、少しずつ、1日数回実施してその効果を確認するとよいでしょう。

腰痛豆知識 > ぎっくり腰の対策 > 急性期のストレッチ

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved