腰痛

寝具の選び方

「腰痛には薄い。せんべい布団がよい」とよくいわれます。
背骨が正常ならたしかに薄い敷布団で仰向けに寝ると、背骨の自然なカーブを保つことができます。 

しかし、ギックリ腰の直後には、腰の反りを弱めた状態を保ち、腰部の筋を適度に伸ばした状態を保つ必要があるため、必ずしもせんべい布団がよいとは限りません。 

横向きに寝る場合には、背中を丸め、膝をかかえ込むようにします。
このときの敷布団は、背中から見て骨盤が適度に沈み、床から骨盤への突き上げを感じない程度が理想的です。なぜなら敷布団が薄すぎると、背骨が横に曲がり骨盤が突き上げられてしまうため、腰部への負担が増してしまうからです。

 

ギックリ腰でなくても、朝起きたときに腰が痛い場合は、薄すぎる敷布団が原因となっている可能性もあります。また、仰向けに寝る場合は、足を上げた状態が比較的楽です。

ただし、敷布団が薄すぎると強く緊張した背骨が押されることになり、腰部の筋の緊張を強めることがあるので、適度に腰部が沈んだほうが望ましいといえます。 

反対に敷布団が深く、柔らかすぎると、骨盤が沈みすぎて背骨のカーブが不自然になってしまいます。ベッドのマットレスは、柔らかくて沈み込みの大きいものが多いので注意が必要です 

以上のことから、ギックリ腰・急性期の安静のための敷布団は、薄すぎず、柔らかすぎず、薄手の敷布団を2~3枚重ねるのが理想でしょう。

腰痛豆知識 > ぎっくり腰の対策 > 寝具の選び方

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved