腰痛

温熱療法を開始 

発症直後の急性期には炎症を抑えるためにアイシング(冷却)を行いますが、炎症が軽くなったら、患部の血行を良くするために温熱療法を開始します。

家庭での温熱療法には、バスタオルを熱いお湯に浸けた後、水分を切った蒸しタオルを用いるとよいでしょう。 
うつ伏せか横向きに寝た状態で、タオルで腰からお尻を覆い、筋肉を15分程度温めます。


ただし、携帯用カイロなど蒸気の出ない熱源は、からだの深部にまで熱が伝わらないので蒸しタオルほどの温熱効果はありません。

腰痛豆知識 > ぎっくり腰の対策 > 温熱療法を開始 

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved