腰痛

椅子に座る

ある程度の運動がスムーズに行えるようになったら、今度は起き上がって行う運動を開始します。 

正常に歩くためには、腹筋や背筋で骨盤を安定させながら、筋が収縮・弛緩を繰り返すことが必要です。そこで、立ち上がる前の段階として、歩くために必要な腰の支持機能を、椅子に腰かけた状態で得られるようにします。 

まず、椅子に腰かけ、骨盤を前後に傾斜させます。このときに後ろに傾斜させると、腰部の筋が伸びます。次に骨盤が椅子から浮かないようにし、肩を左右へゆっくりと移動させます。
これにより、重心の移動にともなって起こる背骨の横のカーブを妨げている筋をほぐしていきます。 

これらの運動がスムーズにできるようになったら、次に、座ったままの姿勢で、今度は重心を右の骨盤に乗せて右膝を上げ、重心を左の骨盤に乗せて左膝を上げるようにして足踏みをします。 

腰痛豆知識 > ぎっくり腰の対策 > 椅子に座る

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved