腰痛

椎間板ヘルニアとは

ヘルニアとはものの中身がはみ出すことを意味します。

椎間板は、椎骨と椎骨にはさまれた組織で、ちょうどクッションのような働きをしています。

椎間板ヘルニアは、椎間板の中の髄核をつつんでいる線維輪にさけ目ができて、中の髄核がはみ出している状態をいいます。そのはみ出した髄核が、神経を圧迫することで腰痛が発生します。その多くは坐骨神経痛を併って発生するのが特徴です。

典型的なヘルニアは、20台~30代の若い人によく発生します。若いうちは椎間板に一定の内圧が保たれているからこそ、「とび出す」ことになるからです。

高齢の人は、年とともに椎間板がいたんでいたり、中の髄核がとび出す内圧も弱くなっているために、典型的な椎間板ヘルニアは起こりにくくなります。

腰痛豆知識 > 椎間板ヘルニア対策 > 椎間板ヘルニアとは

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved