腰痛

腰部椎間板ヘルニアの診断

腰部椎間板ヘルニアの診断方法にはいろいろありますが、医師が重視しているのは、膝を伸ばしたまま下肢を上げるラセーグテストです。 

このテストでは、ヘルニアによって圧迫を受けている坐骨神経が引き伸ばされて痛みが出てきます。 

また、ハンマーを用いて行う腱反射や筋力、知覚などのテストによっても、どの部位の神経根が障害を受けているかがわかるので、必ず行われます。

腰部椎間板ヘルニアの診断は慣れた医師が行えば、こうしたテストで、ほぼ正確にその発生部位を診断することができます。 
これらでヘルニアが疑われる場合には、さらにMRI検査をしたり、脊髄遺影検査などの画像検査を行うなどして診断されます。

腰痛豆知識 > 椎間板ヘルニア対策 > 腰部椎間板ヘルニアの診断

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved