腰痛

椎間板ヘルニアの症状

長年ムリな姿勢や腰を酷使していることで、椎間板の老化が年齢以上にすすんで、徐々にヘルニア状にでっぱってきて、慢性的な腰痛になる場合があります。

また、重い物を持ち上げたり、ゴルフなどで腰をひねった瞬間やくしゃみや咳をした瞬間に、椎間板の中の髄核が瞬間的にとび出す、いわゆるギックリ腰の発作で発症することもあります。

どちらの椎間板ヘルニアも坐骨神経痛を伴うことが最大の特徴です。

坐骨神経痛というのは坐骨神経にそう痛み、つまり太もものうしろ側からふくらぎ、さらには足の甲にかけて走る痛みとしびれ感をいいます。

坐骨神経痛がおこる原因は髄核が線維輪の弱いほうの後ろに飛び出すからです。

椎間板の後ろには痛みを伝える豊富な視覚神経が分布している後縦靭帯とそのうしろに神経根が通っています。これがとび出した髄核に圧迫されることで激しい痛みをおこすのです。

坐骨神経痛は安静にしていても、痛みの取れないことが多く、体をちょっと動かしただけで痛みが強くなり、くしゃみなどをしただけで足のほうまで痛みが伝わります。

腰痛豆知識 > 椎間板ヘルニア対策 > 椎間板ヘルニアの症状

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved