腰痛

ギックリ腰とコルセット

ギックリ腰になったら、まず大事なことはつぎの2点です。

1.まず自分のもっともラクな姿勢を維持して安静にすること。
2.コルセットで腰から腹部にかけて固定し、腰椎の固定、安定をはかること。

寝ることが全身的な安静方法だとすると、腰痛コルセットで腰を固定する方法は、局所的に安静をとるということなのです。

急性期のギックリ腰になったら、2~3週間はいちばんラクな姿勢でベッドの上で安静をとる。そしてなんとか動けるくらいの痛みになったら、腰痛コルセットをつけて痛みの許す範囲で少しずつからだを動かす量と質を上げていくことです。

腰痛コルセットがすぐに手に入らないときには、さらしや帯をコルセットの代わりに使ってもよいでしよう。腰痛コルセットには腹圧を上げる効果もあります。
妊婦さんの岩田帯のように、さらしでもぎりぎり巻くとだいぶラクになります。

腰痛コルセットには、自分の体型に合わせてあつらえるものと、でき合いのものとかありますが、手術後の安静を目的とする以外は、でき合いのもので十分といえます。要は、快適に腰部が支えられ、腹部が適度にあっぱくされて腹圧が上がればよいからです。

腰痛コルセットを着けることで、それまで四つんばいでないと起きられなかった人が、なんとか伝い歩きが可能になるという具合に、確実に1ランクは上がります。痛みの程度や経過によって、コルセットの硬さと幅をうまく使い分けるとよいでしょう。

腰痛の強いときには床につくしかありませんが、少しよくなれば、腰痛コルセットを着けて、自分の身の回りのことくらいできるようになるものです。

しかし過度の安静は禁物です。安静はむしろ日常生活や社会生活への復帰を遅らせるということになります。腰痛コルセットを着用しながら、痛みのゆるす範囲で、また悪くしない限度内で、からだは適当につかった方がよいということです。 

腰痛豆知識 > コルセットは最良の武器 > ギックリ腰とコルセット

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved