腰痛

靴とバックも腰痛の原因

靴はヒールの高さが問題です。とくに女性が履くハイヒールは腰痛を引き起こしやすい履物で、立った姿勢におよぼす影響には、次の2つのパターンがあります。

1.膝をしっかりと伸ばしてハイヒールを履いている状態
膝は、過度に伸びて重心よりも後方に位置するため、骨盤は前傾し、腰椎の前弯が強くなります。

 

2.ヒールが高いために、膝を完全に伸ばすことができない状態
骨盤がやや後傾するので、立った姿勢では腰椎の前弯は強まりません(歩くときには強まる)が、ももの前面にある大腿四頭筋が疲労します。 

また、厚底靴は足底部分か動かないため、歩くときの膝や股関節のなめらかな運動を阻害し、股関節の周囲を疲労させます。
さらに厚底靴で歩くと、振り出す側の骨盤を引き上げる動作によって、腰部の筋を疲労させることになります。

以上のことから、腰痛対策としては、かかとが低く、安定性の良いスニーカーなどを履くようにしましょう。


バッグを肩にかけたり手に持ってぶら下げたりすると、バランスをとるために背骨はバッグとは反対方向に傾斜します。
しかし、この姿勢は骨盤上の背骨が、一方に片寄ってしまうきっかけとなります。

 

肩ひもをたすきがけにし、バッグをからだの前にぶら下げている人は、からだが前に倒れないように背筋が強く緊張する状態なので、望ましい持ち方とはいえません。 

そこで、腰痛対策に有効なバッグの持ち方を紹介しましょう。
1.バッグを手に持つ、あるいは肩にかける場合は、背骨が一方に傾斜することを防ぐため、左右に持ちかえるようにします。

2.肩ひもをたすきがけにする場合、バッグの位置はからだの前ではなく、横から後ろになるようにします。

3.長距離を歩く、あるいは重い荷物を運ぶ場合は、できるだけリュックサックを使い、腹筋を緊張させます。

蛇足ながら、産後のお母さんの腰痛対策(赤ちゃんの抱き方)も、これらのことと共通しています。
腰の負担を考えると、からだの前で抱くよりも、腹筋を緊張させて背負うほうがはるかに軽いということです。

 

腰痛豆知識 > 家庭でできる腰痛対策 > 靴とバックも腰痛の原因

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved