腰痛

椅子から立ち上がる時の注意点

椅子から立ち上がろうとした瞬間、ギックリ腰で勤けなくなることがあります。
ギックリ腰は、からだを前傾させた状態から、足に体重を十分乗せないまま背筋の力で伸び上がるようにして立とうとしたときに起こります。
つまり、瞬間的に背筋に強い収縮が入り、腰椎前弯が急激に強まったことが原因なのです。

椅子に座っている状態から安全に立ち上がるためには 
1.浅く腰かけてから、足を引いて膝を深く曲げる

 

2.からだを前傾させる

 

3.両足に体重をしっかりと乗せ、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)で体重を支える

 

4.腰が反らないように腹筋を緊張させつつ、膝と股関節を伸ばす

 


また、腰痛が強いときは、立ち上がる動作はつらいばかりでなく、不安になるものです。

そこで、何かにつかまって立ち上がろうとしますが、このときによく見られるのが、体幹前傾を十分に行わず、手で手すりなどを引っ張って立ち上がる方法です。

しかし、これは危険です。手が滑って後方に転倒する恐れがあるほか、背中を一瞬強く丸めるため、高齢者の場合には胸椎の圧迫骨折を起こすこともあります。 

このような場合は、次の手順で立ち上がります

1.少々痛くてもからだを前傾させ、足にしっかりと体重を乗せる。

2.肘かけ、座面、自分のももなどを手で押しながら立ち上がる。

この際、足は多少前後にずらした状態で、もも上に両手を当てて立ち上がるようにするとなおよいでしょう。

腰痛豆知識 > 家庭でできる腰痛対策 > 椅子から立ち上がる時の注意点

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved