腰痛

屈曲型腰痛対策ストレッチ

腰が痛くて靴下を履けない......腰を曲げようとしても、腰痛のため思うように曲がらない......これは屈曲型腰痛の典型的な症状です。

屈曲型腰痛の多くは、大殿筋やもも裏のハムストリングが過度に緊張しているために起こります。

こういうときは椅子に腰かけ、大殿筋のストレッチを行います。

その際のポイントは、深呼吸をしながら、息を吐くときに顔を足のつま先の方向に近づけるようにすることです。

1.ハムストリングのストレッチ


痛みが強くてストレッチができないときは、無理に腰部の筋を伸ばそうとせず、座った姿勢で、肩を側方に移動させる体操や骨盤の前後の傾斜運動で、脊椎を正常な位置に戻すことから始めます。

これらをある程度行えるようになったら、大殿筋ストレッチや体幹の回旋ストレッチを行います。

2.体幹の回旋のストレッチ

仙骨が安定している人の屈曲型腰痛は、股関節後面の筋の収縮により、前屈動作における骨盤の動きが制限されるために起こります。 

股関節後面の筋の短縮の原因は、長時間立っているような、股関節後面を伸ばすことが少ない洋風の生活習慣から起こることが多いようです。 

以上のことを踏まえ、股関節後面の筋が硬いという自覚のある人は、こまめに大殿筋やハムストリングのストレッチ、股関節屈曲の可動域の改善のためのストレッチを行いましょう。

3.大殿筋のストレッチ

4.股関節屈曲の可動域改善のためのストレッチ

腰痛豆知識 > 家庭でできる腰痛対策 > 屈曲型腰痛対策ストレッチ

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved