腰痛

すべり症

同じ姿勢を長くとると、腰が痛くなりやすい腰痛の症状です。

すべり症の「すべり」とは、椎体が前方へズレている状態をいいます。
同じ姿勢をとりつづけることによって、上半身の重みがしだいにズレかかっている椎間板にかかってきて、腰痛が起きてくるのです。

同じ姿勢をとるときだけでなく、腰を伸ばしたり、ひねる動作で、腰痛や坐骨神経痛がひどくなることもあります。

腰痛豆知識 > 専門用語集 > すべり症

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved