腰痛

脊椎すべり症

同じ姿勢を長く続けていることで腰痛を訴える人は、脊椎すべり症あるいは脊椎分離症が考えられます。

すべりとはズレのことで、椎体の多くは前方へのズレをいいます。
同じ姿勢を続けることによって、上半身の重みがしだいにズレかかっている椎間板にかかってきて、腰痛を訴えることになります。

神経根が圧迫されて、お尻から足の後ろ側にかけての痛みやしびれ(坐骨神経痛)が引き起こされるkとになります。

腰痛豆知識 > 専門用語集 > 脊椎すべり症

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved