腰痛

変形性脊椎症

変形性脊椎症は、背骨の老化の究極の姿です。

体の老化に伴い、椎間板は水分が減って、厚さが薄くなってきます。脊柱全体がつめられたようになるわけですから、その分、身長が知人だことになります。椎間板の柔らかなクッション作用がなくなるため、椎間板の角には骨のとげ状の骨棘(こつきょく)ができます。

この種の変形は70歳を過ぎると、ほぼ100%の人が持っている老化現象による変化で、すべての人が腰痛を訴えるわけではありません。

朝起きぬけに具合が悪くて、そのうち軽くなり、夕方疲れたころにまたいたみだすという特徴があります。

腰痛豆知識 > 専門用語集 > 変形性脊椎症

家庭でできる腰痛対策
ぎっくり腰の対策
椎間板ヘルニア対策
コルセットは最良の武器
専門用語集

商品一覧
腰用コルセット
低反発円座クッション
携帯座布団知恵まっと
姿勢快適クッション
メディカルマグネッカーDX

トップ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI腰痛Shop
All rights reserved